オーナーとして避けられない道っ、管理会社について知る!スーパー大家への道・・・

皆様、こんばんは、ドクターbruですっ 😎

ここ最近さらに追加でマンションを購入しているbruですが、さてここで管理にまつわるお話をさせて頂きます。

 

管理会社から総合管理委任契約書なるものが私のところにやってきました。

これはオーナーが自分で物件を見られないために、もちろん管理会社に委任するわけではありますが、その際の管理をお願いするための契約書になります。

 

具体的には何をするかというと、建物本体及び敷地内の付帯設備の不良箇所の点検報告修理修理手配を行う、とあります。

設備点検費用修理実費オーナー負担となることが明示されています。

共用灯の管球取替費は、特殊な管球及び特別な作業を要するものを除き、管理会社の負担とすると書いてある。
ラッキー。

まぁ、ちっちゃいものだから、あまりお金を取らないというサービスなのね♪

 

そして、次が大事だが、尚、設備不良等の緊急処置は24時間対応とする・・・普通の管理会社で人数が少ないところなんてどうしているんだろう・・・。
気になる・・・。
呼び出されるのかなぁー。

呼び出されたら、その分管理会社から出張費とか余計に取られそう・・・。。。

 

基本的な契約の中に絶対にある清掃費用に関してですが、まず月に1回にするか2回にするかが選べるようになっています。

 

自分は前のオーナーと同じ回数・同じ内容でお願いしましたが、こまめにするかどうかが物件の清潔さ、出口で売る時にも関わってくるのでしょう。

 

綺麗に保ってあった物件は高く売れますよね。

 

綺麗な女性がとても沢山の男性から好意のまなざしで見られるのと似ているのかもしれません。

 

そうすると、やはり定期的なメンテナンスも物件をきれいに保つには必要であると思います。

 

松〇せ〇子みたいに美貌を保つには、お肌のメンテとか色々とお金をかけますからね。

 

価値あるものにはある程度のお金をかける必要があります 😆

 

他に管理会社がやってくれることですが、賃料(家賃、共益費、駐車料、町費、水道料等)の請求、集金、オーナーへの送金、及び送金明細書の送付を行って頂けるみたいです。

 

これは非常に助かりますね。

 

家賃の集金が一番面倒な感じもします。
誰がどのくらいの家賃を払っていて、ちゃんと振り込まれているか・・・なんて何十部屋になったら分からなくなりますからねー!!

 

ジェンジェン分かりましぇん!
オーナーとして僕らはただただ、管理会社から振り込まれた家賃を見て、ニンマリとしているだけです。

 

ローンの支払い分が終わっても少しずつ溜まっていくお金を見ながらにんまりとしているだけです・・・。

 

さて、苦情の受付も勿論管理会社がやってくださいますね。

 

管理会社は賃料滞納督促及び入居者からの連絡、苦情の受付、モラル指導及びトラブルの対応を行うとなっております。
但し訴訟に発展した場合、訴訟費用等はオーナーの負担とする。とあります。

まぁ、そりゃそうだ。。。

 

ふうむ、賃料を収めない人にはある程度力が必要ですね 😉

 

その辺りの督促をしたりなどの技術は全くもってドクターbruには分かりません。

 

さて管理会社は賃貸借契約の解約時における室内修理箇所の確認、修理負担割合の決定及び修理、修理完了点検、保証金返金等の精算業務を行う。

 

簡単に言うと、この文章において、入居者様が退去された時にはお部屋の中で直さなくてはいけないところがあった場合にどうするかを相談しましょうーということですね。

 

多めに頂いていた保証金に関してはしっかりと入居者様にお返しするのが前提ですね 🙄

たまたまこの物件は敷金を3か月頂いている物件なので、かなり多めの修繕費用がかかる前提?でお金を預からせて頂いておりますので・・・。

 

あと管理会社がやらなくてはならないことは・・・

 

鍵の入れ替えとか、保証金の不足分建て替えとか、町内会との連絡とか、町費の徴収とか、、、、

 

あとこれがめちゃめちゃ大事だとは思うのですが、賃借人の募集ですね。

入居してくださる方を募集していかないとダメですからねっ。

 

入居者が適切かどうかを審査もしますし、決まればその方と賃貸借契約の締結を履行します。

賃料も時々見直して、我々オーナーと相談もします 😯

 

さてさて、長くなりましたが、これ位にしておきましょー。

 

今日もお読み頂きまして、ありがとうございました!!

 

また細かいことを記載していきますね。。。