オリンピック前の戦略!2018年までにしなくてはならないこと、してはならないこと!

皆様こんばんは、ドクターbruですっ♪

 

物件を毎日慎重に選ぶのは当たり前ですが、時期を逸してしまっては元も子もありません!

自宅は買えればいいのですが、うーん、いつ住宅ローンを組むかは問題ですね。

それこそ、CICとかJICCとかに出てきますね 😆

 

自分も安~い住宅ローンで借りて、何かのきっかけで引っ越しをしなくてはならなくなった後に、それを誰かに貸して、ローン返済額よりも賃料の方が上回る形の勝利の戦法がいいなぁと思っていたんですが・・・。

 

袋田の滝

立地が良く、グレードの高い物件を購入して、ある一定の期間そこに居住をして、転勤のタイミングやその他の理由で退去せざるを得なくなった状態での賃貸物件への変更!

これは所謂王道のスキームでしょうね♪

賃貸住宅にずっと住み続けるよりは、このスキームの方がよっぽどいいでしょうね 😆

 

事業経営の視点で言えば、安い金利で借りられて、最終的に収益物件に変わるといった形、今流行の賃貸併用住宅もそういった要素はあるでしょう。

 

今自分は33歳なので、35年で住宅ローンを借りても多分1つだけで住宅は終わらないと思う 🙄

つまり、1つだけでなくてセカンドローン的なものも恐らく組むのではないでしょうか 😛

 

資産価値のある住宅をもしも購入出来た場合は、将来的に値上がりする可能性のある物件であれば、それはキャピタルゲインを狙えるという形になります 🙄

 

 

ただし、「空中族」といったタワーマンションをキャピタルゲイン狙いに購入した人達は、既にキャピタルが狙えなくなりつつあります 😛

2018年を契機に物件や土地価格が下がっていくと言われているからです・・・。

 

新築プレミアム物件に関してはキャピタルを狙わずに、節税対策とインカムゲイン狙いでいけば良いでしょう 🙂

 

一棟ものを購入したかったらやはりインカムゲインをベースに考えなくてはいけないので、しっかりと融資が引けて、キャッシュフローが回り、家賃の下落率があまりないと言われる築古のRCなど良いのではないでしょうか 😯

 

資産インフレが見込めるなら、どんどん何でも借りちゃえば良い?
そうではないでしょう。

 

年金を積み立てる際に、インフレになった場合は貯めたお金の価値が下がるからだと言われます 🙂

そういった意味では不動産は堅いと思われます。

 

とりあえず不動産を購入してインカムゲインを狙いながら、出口・EXITを狙って行けば良いのではないでしょうか。

 

多額のローンを組むことが怖いという人がいますが、やはり株みたいに大きく損はしないので GO でしょう。
不動産は現物が残るので 😛

 

まぁ人によっては、大きな利益は確保出来ないかもしれないません。

 

ただし10年後にもし売り抜く時に、ローンの残債分がその時に売却する金額を下回っていれば良いと思われます 🙄

 

もしくは、その間に発生したキャッシュフローを引いた金額以上の値段で、最悪売れれば良いと思われます。。。

 

法人で物件を保有していた場合に計上出来る様々な経費などの部分がプラスになったと思えば良いでしょう 🙂

 

勿論、そうそうそこまでトントンもしくはマイナス運営になるということはないだろうし、そういった物件はそもそも選びませんが。

 

2020年のオリンピックまでに買える物件は減少の一途ですが、出来れば1都3県で物件を選び、いい具合に出口を見つけられれば幸いです。

今日はここまでにします。。。