借りたものが勝つ!この厳しい市況で生き残るためにっ!!

Good evening! Hello, this is Dr. bru.

 

さて、皆様、どんどんと不動産融資に対する締め付けが厳しくなっております、今日この頃でございます♪

自分自身で開拓しないと銀行融資が引きづらくなってきましたね。

関西の方を中心に今後は狙っていきたいと考えておりますが、皆様のご状況はいかがでしょうか??

 

そういえば、日本人の方々は銀行に預金をしていますね。

それで老後の資産作りをしていると思ったら、大きな間違いです。
預金で貯めている方々は大きな損をしています。

もし、だらだらと預金だけをしているのであれば、ものすごく損をしている可能性が高いです。

 

海外ではこういう預金だけという資産運用はあり得ないと言われており、日本人である私が様々な形で資産運用をしているこの状況は非常に普通のことであると思われます。

 

今後、私たちを取り巻くお金の環境は厳しくなることが予想されます。

 

年収が多いお医者さんでも年収の少ない方でも自分の動かせる資産の中から何とか着実に資産を増やしたいものです。

その中で自分が、今、生命保険会社にお願いしているドルコスト平均法はとてもいいものです。
不動産投資もやりながら、本業の方の収入はうまく積み立て投資をしているのです 😎

不動産投資における家賃は毎月決まった金額が収入として入ってきますが、ドルコスト平均法は、「毎月、決まった金額ずつ、投資していく方法」です。

自分の給料口座から自動的に決められた金額を天引きしてもらいます。

 

なんか、年金の積み立てみたいな感じですね!

 

そうです、そうなんです 😆

年金の積み立てみたいな感じなのです。

 

不動産投資においても、出口を5年後位に見据えた場合は速やかな動きと言うのはありませんが、こちらの積み立てもすみやかに大きく何かが動くということはありません。

長期積み立ての投資対象は、自分の場合は様々な分散投資によってリスクヘッジをしているので、「世界中の株式」に投資するのが良いと考えています。

 

ということで、不動産投資でうまく法人での資金運用をしながら、個人では本業で得た収入を上手く資産運用しているのです。

 

決して怪しいマルチ商法や詐欺まがいのことをやってお金を増やそうとしているわけではなくて、誠実に資産運用をしてお金を増やそうとしております。

皆さんも気を付けて下さい 😉
それは、本当に許せませんし、普通に優良な知識をみんなで共有するのが良いと思っています。

誰かを落とし込めようなんて考えている人がいたら、ダメです。

 

私のように融資を銀行から引っ張って行う不動産投資におけるリスクは2つだけです。

 

金利上昇リスク空室リスク・・・これだけ。

 

余計な修繕費用がかかるとか細かいことは気にしなくて良いです 🙂

金利上昇リスクは基本的には向こう5年間は大丈夫ですから、まぁ安心して良いでしょう。

空室リスクについては管理会社にプレッシャーをかけまくるしかないですね。

 

そういう形で自分は35億までいきましたが、ますます融資を引っ張っていきたいと考えております 🙄

 

先日も地元の信用金庫と信用組合にお話ししてきて、結構好印象を持って頂けましたので、この調子で日々時間を不動産に費やしていきたいと思います。

 

今日お話ししたドルコスト平均法は、皆様が不動産をやりながら個人での所得をいかにして運用するかについてのお話でした。。。

 

それでは、また(^^♪

 

今日もコラムをお読み頂きまして、誠にありがとうございました・・・

不動産投資の最初の始まり、始まり・・・。

皆様こんにちは。、コラムの時間です♪

 

2016年4月から始めた不動産投資も半年ほど経ちますが、これまでにbruが仕入れた情報を余すところなく皆様にお伝えしていきたいと存じます♪

だいたい富裕層が行っているであろうことは・・・資産形成です・・・。

 

あなたの属性が何であれ、、、例えば、、、

資産形成をしなかったとしましょう。

 

ドクターは毎年大体500万円程の手残りの現金を手に入れることが出来るとします。

 

30代である自分がドクターとして大体残り30年間働いたとします。

 

すると500万円×30年間で1億5,000万円です。

不動産投資を行ってこの資産を形成するとなると、この値段はえっ?という金額ですよね 😯

融資を引けば、30年間で1億5,000千万円程度の物件は余裕で手に入ります。

いかにしてレバレッジを利かせて物件を仕入れるかにより、この金額は10億にでも20億にでもなるのですっ!

<我々ドクターは何を不動産投資のターゲットにすればよいの?>

 

新築RCマンション?・・・これは手堅いですが、利回りが低いですし、多額の初期費用がかかります。。。

中古RC? 耐用年数を考えて、どれ位の融資期間を銀行から引けるかにもよりますし、金利にもよりますが、比較的無難です。

中古の築が古いマンションの方が手元のキャッシュフローを最初から狙うには良い投資と言えますね・・・(^^♪

新築でも中古でも良いのですが、区分所有のマンション??

これは1部屋ずつになりますので、新築ならば節税対策、中古ならば利回りの良いものを選んで、収益狙いとなりますね。

 

但し、これは一棟に比べると収益性が低いのが現状です。

それでは新築木造アパートでしょうか?

新築プレミアムがあるため、家賃価格の下落や空室リスクが怖いですね。修繕費がRCに比べると少ないのがせめてもの救いです。

最低7-8%は利回りが欲しいですよねーーー。

 

それでは鉄骨造でしょうか?bruは築10年くらいの鉄骨を購入しましたが、完全サブリースでして、融資期間も耐用年数が34年なので、残りで25年は引っ張れました・・・

 

今後のお付き合いの出来そうなところで言うやはり地場の信金でしたね・・・。

 

一般的にドクターはほとんどの時間を病院で過ごします。

Bruは月に20回以上当直をしておりますので、

週に5日はほぼ病院に泊まっております。

収入としては勤務医平均年収の1,500万円を軽く超えますので、融資は引きやすいわけです。

 

この業界ではそれなりに働いていますので、この先の自分の人生も大体検討がついております。

 

不動産業界に足を踏み入れて、手ごたえをつかんだ感じとなったのでこのまま不動産業界の伝道師になるべく頑張っています 😛

そこで同業のドクターたちには皆様資産形成をしてほしいと思っておりますので、確定拠出年金(401k)個人年金(節税効果あり・・・)生命保険(積み立てタイプ)医療保険(がん保険)、様々な提案をしていきたいと思います。

 

あまり長くなるとあれなんで、まとめますと、まずドクターの皆様には初めての「不動産投資」は必ずしも一棟ものでなくてもよいのですから、自分がそうしたようにまずは新築でも中古でも結構ですから、手出しを少なくできて、融資を安くて1,000万円台から或いは3,000万円台から組めるもので始めて頂くで宜しいのではないでしょうか?

但しっ、最初から分かっている方にはやっぱり、収益の一棟モノを購入して欲しいです。

 

つまり、高金利のS銀行ではなくて、低金利の銀行を使って一棟モノの億単位の融資を狙っていって欲しいですね♪

 

どうぞ、ご検討下さい!! またコラム書きます!