A銀行で高金利で貸してもらった後の金利交渉!ファイナンスアレンジに全てを注ぐ!

皆様、こんばんは、ドクターbruです 😎

 

某A銀行から4.5%で借り入れをした結末は・・・?

 

決して悪いとは言っていませんが、重ねて言います 🙄

一部の方達は仕方がないのですっ 🙄

それでしか事業を拡大できないので・・・。

 

そして、A銀行で2年後に金利交渉をして金利を2%台に持っていくことが良いとまことしやかに言われていますが、果たして実際は皆様成功しているのでしょうか?

 

A銀行だって馬鹿ではないので、今キャッシュフローが回っていてホイホイ高金利分のお利息が貰えている状態で、あえて皆様の提案に乗って金利を下げるというようなことはするのでしょうか?

 

結論から言うと、分かりません・・・。

下げてくれる担当者もいれば、こちらが幾ら言っても聞いてくれない担当者もいると思います 🙄

 

融資を引っ張る時も担当者次第の部分はありますが、金利交渉をしていく際もやはり担当者の力は重要となってきますね。

A銀行を使うメリットは、下記に挙げたような物件に対しても融資を引けるっ!ということですが・・・

積算価格があまり伸びない物件なのに無理して融資金額を目いっぱい引いてしまった物件や、耐用年数を超えているのにその超えた分の年数も加えて融資を引っ張ってしまった物件、収益性が多少低くても個人の属性でカバーして融資を引っ張ってしまった物件など、色々あると思います 😀
こういうA銀行でしか融資してくれないような物件に対して融資を引っ張ってしまった場合は、やはり貸してくれたA銀行でさえも新たに振り返ると貸したくなくなるような物件であり・・・ 😆

こういった物件に対して例えば他行に借り換え依頼で持ち込んだ場合のことを想像してみると、やはり他行での借り換えはノーと言われてしまうでしょう。

 

そして、物件次第ではありますが、他行で借り換えが出来るという条件であれば、恐らくA銀行も借り換えして欲しくないので金利を下げる交渉に乗ってくれるかもしれません。

 

A銀行は人の弱みに付け込んで、借り換えはおろか金利交渉すら出来なくなってしまう窮地に陥る可能性が十分にあるということは、注意をして頂いても良いのではないだろうか 😕

 

金利が高いということに対しては非常に抵抗感を覚えるドクターbruです。

投資家仲間で年収700万円の方達から御相談を受けるのですが、やはり答えは一つ・・・

 

A銀行使っていようがいまいが・・・
ファイナンスの強い業者に上手く銀行を紹介してもらうしかないということなのです 😡

 

それでは今日も書きすぎちゃいました。

皆様お読み頂きましてありがとうございました。

今日のコラムはここまでーにしますね。

関東圏で、地方銀行についてズームインっ!!

さてさて皆様、ドクターbruでございます 😎

今日も楽しくコラムっていきましょう。

 

関東が自分の活動拠点でありますが、その中で最強の預金残高を誇るB・C銀行に自分はお世話になっておりますが、やはり金利は0.8%とかなり低い数字を叩き出してもらっています 😆

ただし、人によってはB銀行で0.6%台を出したりしているみたいなので上を見ればキリがないっす 😕

 

勿論金利分は法人の経費になるためにあまり気にしなくてもいいかもしれませんが、まぁ男のロマンとしてこの活動を行っている自分としてはやはり最低金利を狙いたいですよね!
金利は安いに越したことはないっ。

もちろん5年固定ということが多いので、実際世の中の状況が変わりまして5年経ったらバーンっと金利が変動して上昇したら、もう自己破産ですね。笑

 

不動産王トーランプになるどころかっ、破滅への序章でございます。

 

まぁ、銀行側も自分たちの融資をしている人達全員を路頭に迷わせるわけはない?だろうから、大丈夫なんじゃないかなーと思うんですが・・・。
甘い考えでしょうか・・・。笑

 

そして神奈川県、千葉県などかなりお金がある銀行は預金残高も多いため、かなりお金を貸してくれるのでしょうが…逆の見方をすればそれが命取り…?

銀行や同じ不動産投資家と運命共同体…?

 

地方銀行の中でもこれだけ積極的に貸してくれる、ライバル銀行であるB・C銀行は法定耐用年数を上回る融資も可能です 😆

 

例えば自分の物件で、築29年のRCでは残存年数は18年ではありましたが、実際蓋を開けてみると、25年も引っ張れました!
これは(25-18) ÷ 47 ≒ 0.15となるため、1.5割増しなんですねー。

 

もう一物件もその後2か月して、同法人で銀行打診しまして、決済する予定でしたが・・・追加融資では築31年で残存年数は16年しかないが、、、なんっと、25年も融資をしてくれる予定でした・・・

 

これは(25-16) ÷ 47 ≒ 0.19となり、約2割増しです。。。

 

がしかし、実はその後ダメだったんです・・・

 

ということで同法人での追加融資が可能であったケースということで報告しようと思っていましたが、
実際最後の土壇場でダメになりました・・・笑

 

他にももう一つのビッグな地銀で、一つの支店ではおなかいっぱいと言われても、実は別支店に持ち込めば、まだまだ追加融資がイケるパターンもあるため、ファイナンスの強い業者と相談しながら、あるいは積極的な稟議書を作るのが得意な担当者を知っている業者の担当者と繋がりながら、積極的にアプローチをしていくのが良いと思いますっ!!

 

それでは、今日はここまでにしましょう 😮

あまり書くと本当に銀行員の方が見ているかもしれないので・・・

 

もう融資してくんなくなっちゃうよー。

ではでは、皆様今日もコラムをお読み頂きましてありがとうございました。