賃貸管理会社が今していることっ!入居者様の保証に関して!

こんばんみっ、ドクターbruです!

 

最近入居者が2人程自身の物件に入りました。

 

保証会社の審査があって、入居者様の審査は無事に通りました 😎

 

大体入居者様は保証人を立てる際に家族、つまりお父様やお母さまにしている場合がほとんどでございます 🙄

 

自分は入居する時に勤務先の病院がお部屋の斡旋を行ってくれたので良く分かっていませんが、通常は親や兄弟などを保証人に立てられない場合は、最近は保証会社が保証を行えば、入居者様は入居が可能となっております♪

 

入居者様はお家賃をお支払いできない場合は、保証会社が代わりにオーナーである我々にお家賃をお支払いして頂けるのですが、実際保証会社は入居者にその家賃を請求します 😯

 

そもそも最初の契約時に保証料としていくらかお金を保証会社にお支払いしているために、保証会社としては1回程とりっぱぐれても大丈夫なようになっているようです 😀

 

しかし、そもそも何かが起きないようにするための念のため保証料なので、みんながみんなこういった状況に陥り保証料から家賃を捻出しなてくてはならなくなった際には、保証会社は儲け分である保証料がどんどんとなくなっていきまして、商売あがったりとなります・・・

 

ところが実際は保証料から家賃を払わなければならない滞納者はまずいないために、保証会社はこの保証料でうまく儲けを得ているわけなのです♪

 

最近は、入居者様の職業や国籍、年齢に関係なく、全ての物件に賃貸保証がつけられる保証会社も出てきていますので、我々不動産投資家・オーナーとしては非常に安心の体制となってきたわけでありますし、一つ保証会社を間にかませることで入居者様が自身の物件に非常に入りやすくなるというわけです 😛

 

是非、保証会社を利用するのをお勧め致します♪

 

そうすれば昨今の人口の減少と賃貸物件の増加と相まった客付けの困難さにドロップキックが出来ますぜよ 😛

 

保証人が立てられないから、ディズ〇ーランドで働けないなんて、夢も希望もないのではありませんかー??

 

是非入居者様に優しいオーナーさんになりましょう♪

 

ドクターbruが考えていることはいつもそれだけです!!

 

今日もコラムをお読み下さいましてありがとうございました♪