将来にはどのように備えるのか・・・!

皆様、こんばんは、ドクターbruですっ。

実は我々ドクターは70歳まで通常働けるため、あまり年金システムは必要ないのかもしれません・・・

 

但し、早期に退職して老後を過ごしたいと思うお医者さんもいるでしょう 😎

あるいはやはり、自分の身に何かがあった時のために、年金をしっかりと積み立てたいと思う方もいるでしょう 😕

 

重要なのは自分で将来をどのように描いていくかです。

 

最近、個人年金に自分も入りましたが、しっかりと節税効果もあるため、お勧めです。

そして個人型確定拠出年金も、これも節税部分を運用していく上でのリスクヘッジに回せるためお勧めです。

どれくらい年金として貰えれば、安心でしょうか?

お医者さんとして生活をしていると若干派手な生活になりがちですが、毎月少なくとも30万円は欲しいですね。

だいたい30万円 × 12か月 × 15年間(65歳で退職、平均寿命を80歳として試算した場合)4,320万円となります。

これ位だったら確かに貯金しておけば大丈夫かもしれませんねー。

 

但し、一人で生活をしているわけではないと思うので、そのあたりが微妙かもしれません 🙂

将来公的に貰える年金が少ないのであれば、備えあれば憂いなしということで自身で貯蓄を行わなければなりませんからね 😯

 

年金がカットされてしまうこのご時世で、我々はどうしたら生き残れるのでしょうか。

 

総理大臣は年金を払えないから、確定拠出年金などを第3の年金としてもってきたわけで、これも使わない手はないでしょう。

 

受給額が減る代わりに、登場するのがやはり不動産からの収入でしょうね。

 

受給開始年齢が引き上げられても、不動産投資をした際の収入はびくともしませんね!

 

定年後の生活は自分で守らなければなりません。

 

将来の危機を感じるならば、不動産投資いつやるの?今でしょと。

 

不動産は決してハイリスクということでも、ミドルリスクということでもなく、LOW RISKなのですっ!将来の国の状況などのリスクを天秤にかけた場合に自身が出来る対策、それが不動産投資なのですっ!

 

長期にわたって安定した収入を得ましょう!不労所得ですっ!

 

目標をしっかりと見据えた上でやれば、必ず成功します 😆

 

そしてその成功法の正攻法はこの不動産投資コラムで書いていきますので、どうぞ皆様楽しみにしていて下さい。

 

ドクター業界における不動産投資のパイオニアになっていきたいと常日頃考えているドクターbruでした。